消費者金融銀行カードローン違い

プロミスのお申し込みはこちら

金利 4.5%〜17.8%(実質年率)
限度額 1〜500万円
融資時間 WEB契約で最短即日
  • 30日間無利息サービスあり※
  • 来店不要で即日回答
  • 3項目で3秒診断!
  • シミュレーションで事前確認OK
  • 実質年率が低い
※メールアドレス登録とWeb明細利用登録が必要

ご契約方法を「Web」にすると最短即日

消費者金融と銀行カードローンの違いって?

消費者金融以外に、銀行のローンがありますが、この2つは別物なのでしょうか?

 

プロミスやアコムなどは、銀行が運営しているようなのですが、どのような関係にあるのでしょうか?

2010年に貸金業法という法律が改正されて、総量規制が実施されてからは、ローン会社の利息や貸し出しの仕組みだけでなく、業界の構成図も一変しました。

 

それまでは、消費者金融会社はそれぞれに独立して経営していましたが、SMFGのSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスに、レイクは新生銀行の傘下に入って運営されています。

 

しかし、銀行のローンと消費者金融のローンは、丸っきり別のサービスです。

 

銀行ローンを利用する時には、かならず保証会社がつきます。

 

万一、貸したお金が返済されなくなった時の保険のためです。

 

さらに、銀行から借入をする時は、消費者金融のように「借入額は年収の3分の1以下」といった制限はありませんし、金利も低いといった特徴があります。

 

その分、銀行ローンは消費者金融より審査が厳しく、かつ、時間もかかるといったデメリットがあります。

 

ちなみに、三菱UFJ東京銀行が運営している「モビット」や、オリックス銀行のカードローンは、消費者金融会社です。

 

消費者金融会社は、銀行のローンに比べると審査はゆるく、申し込んだその日に融資が受けられる会社もあります。

 

その分、利息が銀行のローンよりも高いのですが、利便性、迅速性で比べると、消費者金融に軍配があがります。

 

消費者金融であれば、50万円までの融資の場合、収入を証明する書類の提出は必要ありませんし、借入、返済は来店以外にも、銀行振り込みやコンビニのATMなどでも取引できるなど、利用者の利便性を重視して対応しています。

 

しかし、先に記したように、総量規制の影響で、借入は年収の3分の1までしかできない、専業主婦のように本人に収入がない場合は、個人で借入ができないなど、消費者金融はさまざまな制約を受けています。

 

銀行が消費者金融会社を傘下に入れている理由はいくつかあるようですが、一番大きい理由は、銀行としては貸し出しができない人に対してお金を貸し付けるためであるらしいです。

 

また、過払い金問題で消費者金融会社の財務体制が悪化したため、銀行の支援を得て、経営を立て直したという経緯があるそうです。

 

消費者金融とはいえ、銀行が運営している金融会社なので、法律は遵守して、審査や顧客サポートはしっかりとしています。

 

借りる側のイメージとしては、安心感は増すのではないのでしょうか?

プロミスのお申し込みはこちら

金利 4.5%〜17.8%(実質年率)
限度額 1〜500万円
融資時間 WEB契約で最短即日
  • 30日間無利息サービスあり※
  • 来店不要で即日回答
  • 3項目で3秒診断!
  • シミュレーションで事前確認OK
  • 実質年率が低い
※メールアドレス登録とWeb明細利用登録が必要

ご契約方法を「Web」にすると最短即日