クレカリボ払いで審査通らない?

プロミスのお申し込みはこちら

金利 4.5%〜17.8%(実質年率)
限度額 1〜500万円
融資時間 WEB契約で最短即日
  • 30日間無利息サービスあり※
  • 来店不要で即日回答
  • 3項目で3秒診断!
  • シミュレーションで事前確認OK
  • 実質年率が低い
※メールアドレス登録とWeb明細利用登録が必要

ご契約方法を「Web」にすると最短即日

クレカのリボ払いがあると審査は通らない?

プロミスで融資を申し込もうと思っています。

 

現在、他の消費者金融からの借入はなく、クレジットカードによるキャッシングの利用もありません。

 

ただ、クレジットカードで買った商品のリボ払いがかなりの額あります。

 

こうした場合は、消費者金融の審査に通らないのでしょうか?

消費者金融は「貸金業法」という法律に基づいて、厳格な審査と健全な融資を行なっています。

 

平成22年にこの法律が改正されたのですが、それ以前の消費者金融は、今よりも10パーセント以上も高い利率で融資をしていたり、返済能力を超えた額の融資を行なったりしていました。

 

これが社会問題化して、審査や貸し出しに対しては、厳密なルールが決められました。

 

その代表的なものが「総量規制」というもので、借入をする人の返済能力を超えた融資をストップさせるものです。

 

具体的には、年収の3分の1を超えての融資をしてはならない、というもので、これは1社からの融資ではなく、借入をしている金融会社の総額になります。

 

しかし、総量規制の対象とはならない貸付も、中には存在します。

 

その最たるものが、銀行カードローンとクレジットカードによるショッピングのリボルビング払いです。

 

そもそも、総量規制は消費者金融業者を規制するために作られた法律なので、消費者金融の申し込みをする際に、銀行カードローンの借入額などを記入する義務はありません。

 

ただし、モビットなどの銀行系消費者金融からの借入は、申告する義務があります。

 

これと同じように、ショッピングによる債務も、総量規制の対象外となっているため、こちらも消費者金融の融資申し込み時に申告する必要はありませんし、その額を消費者金融会社が審査の項目にすることもありません。

 

同じクレジットカードでも、キャッシングやキャッシングリボなどの利用金額は、申し込み時に申告しなくてはなりません。

 

この他にも、総量規制の対象とならない借入には、法人向けの貸付、個人向けの事業資金、住宅ローン、自動車ローンなどがあります。

 

したがって、質問者様の心配は不要です。

 

ただし、クレジットカードのリボルビング払いは非常に便利ですが、消費者金融からの借入も利用すると、毎月の支払いのうち、どれだけの額が元金に充当されているのか、利息はいくら発生しているのか不明になりがちです。

 

支払いで行き詰ってしまうことがないように、利用と返済は、今まで以上に慎重に行ないましょう!

 

プロミスの会員ページでは、毎月の支払額と利息、支払い残高を一覧表示できるので、このページを印刷するなどして、支払いと残額を常に把握しておくことをおススメします。

プロミスのお申し込みはこちら

金利 4.5%〜17.8%(実質年率)
限度額 1〜500万円
融資時間 WEB契約で最短即日
  • 30日間無利息サービスあり※
  • 来店不要で即日回答
  • 3項目で3秒診断!
  • シミュレーションで事前確認OK
  • 実質年率が低い
※メールアドレス登録とWeb明細利用登録が必要

ご契約方法を「Web」にすると最短即日