複数の会社に申し込むとブラックリストに載るって噂は本当?

プロミスのお申し込みはこちら

金利 4.5%〜17.8%(実質年率)
限度額 1〜500万円
融資時間 WEB契約で最短即日
  • 30日間無利息サービスあり※
  • 来店不要で即日回答
  • 3項目で3秒診断!
  • シミュレーションで事前確認OK
  • 実質年率が低い
※メールアドレス登録とWeb明細利用登録が必要

ご契約方法を「Web」にすると最短即日

複数の消費者金融に同時に融資を申し込むと、ブラックリストに載るという噂を聞いたことがあります。これは本当なのでしょうか?

複数の消費者金融に同時に融資を申し込むと、ブラックリストに載るという噂を聞いたことがあります。

 

これは本当なのでしょうか?

 

また、実際に融資を複数社に申し込むと、審査が通りにくくなるのでしょうか?

消費者金融に関するサイトなどには、複数の消費者金融に同時に融資を申し込むと「申し込みブラックリストに載る」などと書かれているサイトがありますが、これは全くのウソです。

 

ブラックリストというものは、そもそも存在しませんし、消費者金融会社は、信用情報機関が蓄積している個人の借入、事故情報(延滞、破産)などを照会して審査をしています。

 

この信用情報機関に事故情報が残っている状態を、一般的には「ブラックリストに載っている」と言われています。

 

これと同じような言葉で、「申し込みブラック」という言葉も、よく使われています。

 

こちらもリストがあるわけではありませんが、融資の申し込みを受けた金融会社が信用情報機関に照会をかけると、その履歴が3〜6ヶ月間残ってしまいます。

 

この履歴は、次に照会をかける消費者金融会社にも知られてしまう情報なので、短期間にいくつもの消費者金融に申し込みをしている人であれば、金銭的に困っている人として判断されるので、審査にマイナスとなってしまいます。

 

こうした状態のことを「申し込みブラック」という言葉で表現されています。

 

貸金業法が改正されて、総量規制がかかっている現在では、各金融会社は融資に対して非常に厳しくなっていて、慎重な審査を行なっているようです。

 

たとえ、3〜6ヶ月経って、信用情報機関に申し込みの履歴が消えたとしても、その事実を知った金融会社は社内でチェックしている可能性が高いので、再度、融資を申し込む、というのも難しいと思われます。

 

消費者金融に融資を申し込む時は、最高でも2社にとどめて、審査が通らなかったら、その時点であきらめるのが最善の策だと思います。

 

普通の消費者金融会社でしたら、審査の厳しさに差はあるでしょうが、2社の審査に落ちたということは、申込者の信用情報はかなり低いと判断されていることを意味します。

 

したがって、3社目で融資が通る可能性はさらに低くなっており、信用情報もさらに低下してしまいます。

 

複数の金融会社に融資を申し込んで、半年後ぐらいに違う金融会社に融資を申し込む、というような場合は、信用情報会社に自分の情報照会をしてみるのが無難だと思います。

プロミスのお申し込みはこちら

金利 4.5%〜17.8%(実質年率)
限度額 1〜500万円
融資時間 WEB契約で最短即日
  • 30日間無利息サービスあり※
  • 来店不要で即日回答
  • 3項目で3秒診断!
  • シミュレーションで事前確認OK
  • 実質年率が低い
※メールアドレス登録とWeb明細利用登録が必要

ご契約方法を「Web」にすると最短即日