たくさん借りたいので、借入金額を申告しないほうがいいですか?

プロミスのお申し込みはこちら

金利 4.5%〜17.8%(実質年率)
限度額 1〜500万円
融資時間 WEB契約で最短即日
  • 30日間無利息サービスあり※
  • 来店不要で即日回答
  • 3項目で3秒診断!
  • シミュレーションで事前確認OK
  • 実質年率が低い
※メールアドレス登録とWeb明細利用登録が必要

ご契約方法を「Web」にすると最短即日

クレジットカードでショッピングやキャッシングも利用していますが、借入金額を申告しないほうがいいですか?

消費者金融に初めて融資を申し込む予定ですが、以前よりも法律が厳しくなって、カンタンには借入ができなくなったと聞きました。

 

今現在、クレジットカードでショッピングやキャッシングも利用していますが、そこが融資の審査にも影響してくるのでしょうか?

 

もし影響するなら、借入金額を申告しないほうがいいですか?

 

現在は正社員で、家は持ち家、住宅ローンを返済中です。

2010年の6月まで、消費者金融は融資申込者の返済能力をあまり考慮せずに、今よりもカンタンに融資をしていました。

 

年収確認などの審査は行なわれていましたが、他社との借入額を合わせると年収を超える貸付を行なって、借金を借金で返す多重債務者が急激に増えました。

 

こうした状況を重く見た国は、貸金業法を大幅に改正しました。

 

まずは、融資できる金額を年収の3分の1までとする「総量規制」が開始されました。

 

これは、1社からの融資ではなく、すべての消費者金融、クレジットカードによる借入も含まれ、この額を超えて融資をした金融会社は、行政処分されることになりました。

 

ちなみに、クレジットカードによるショッピング、ショッピングローン、住宅ローンは総量規制の対象にならないほか、同じ融資でも、銀行のカードローンも対象外となっています。

 

この総量規制が行なわれる前に、年収の3分の1以上の借入があった人は、あらたな借入ができなくなり、返済を続けるだけになりました。

 

また、50万円を超える融資を受ける時や、他社からの借入を含めて借入金が100万円を超える場合は、収入証明書の提出が義務付けられました。

 

ただし、現在では、各社とも融資の審査が厳しくなっているので、上記の条件に当てはまらない場合でも、給与明細などの提出を求められることはあります。

 

したがって、質問者様のケースでは、現在の年収の3分の1の額からキャッシング残高を引いた額が、融資の申し込みができる額となります。

 

初めて消費社金融に申し込むということなので、信用情報機関にも不利になる情報は載っていないでしょうから、審査に通る確率は高いと思われます。

 

ただし、クレジットカードのキャッシングの件数や合計金額が多い場合は、大きなマイナスポイントになります。

 

消費者金融は、クレジットカードの借入残高も信用情報機関に照会できるので、借入金額を正直に申告しないと信用度が一気に落ちてしまい、審査に落ちる確率が高くなってしまいます。

 

申し込みページでは、正しい借入件数と金額を、必ず記入しましょう。

プロミスのお申し込みはこちら

金利 4.5%〜17.8%(実質年率)
限度額 1〜500万円
融資時間 WEB契約で最短即日
  • 30日間無利息サービスあり※
  • 来店不要で即日回答
  • 3項目で3秒診断!
  • シミュレーションで事前確認OK
  • 実質年率が低い
※メールアドレス登録とWeb明細利用登録が必要

ご契約方法を「Web」にすると最短即日