加盟先機関ってどんなところ?

プロミスのお申し込みはこちら

金利 4.5%〜17.8%(実質年率)
限度額 1〜500万円
融資時間 WEB契約で最短即日
  • 30日間無利息サービスあり※
  • 来店不要で即日回答
  • 3項目で3秒診断!
  • シミュレーションで事前確認OK
  • 実質年率が低い
※メールアドレス登録とWeb明細利用登録が必要

ご契約方法を「Web」にすると最短即日

「加盟先機関」に個人情報や契約内容を提供すると書かれていました。なぜこうした機関にわたしの情報を提供するのでしょうか?

消費者金融を初めて利用する者です。

 

プロミスに融資を申し込もうと思って、インターネットの申し込みサイトを見てみましたが、同意事項の箇所に、「加盟先機関」に個人情報や契約内容を提供すると書かれていました。

 

金融会社がなぜこうした機関にわたしの情報を提供するのでしょうか?

 

ここから個人情報が漏れる心配はないのでしょうか?

消費者金融会社やキャッシング会社は、申込者のさまざまな情報を元に審査をして、融資をするかどうかを決めます。

 

名前や住所、勤務先などは、申し込み書に書かれた情報や身分証明書、在社確認などの電話などによって確認できます。

 

しかし、他社からいくら借入額があるか、何件の金融会社から借りているか、過去に金融事故を起こしていないか、といった情報は、本人の申告からだけでは真偽を確認できません。

 

そのため、金融会社は信用情報機関に加盟して、そこに申込者の情報を照会して借入額や事故歴などの確認を行ないます。

 

プロミスのホームページに書かれている「加盟先機関」とは、この信用情報機関のことで、株式会社日本信用情報機構や株式会社シー・アイ・シーがこれにあたります。

 

信用情報機関では、金融会社から借入をしている人の氏名、生年月日、住所などの基本的な情報から、契約内容、契約日、借入金額といった、契約の詳細が登録されています。

 

さらには、支払いの遅延や自己破産、任意整理などの経歴があれば、その情報も一定期間記録しています。

 

金融会社は、こうした情報を確認することで申込者の信頼性を確認し、返済能力を見極めて融資するか否か、そして融資額を決めます。

 

今は法律で、個人に融資できる金額が厳密に決められており、この額を超えて融資をすると、金融会社は行政処分を受けてしまうので、どの消費者金融でも、必ず信用情報機関に確認を行ないます。

 

信用情報機関が個人の金融情報を一元管理し、金融会社間で共有することで、法律に従った融資と、金融会社の貸し倒れリスクが回避ができているのです。

 

日本信用情報機構やシー・アイ・シーに登録されている情報は、個人でも照会することができます。

 

今まで、金融会社から借入をしたことがない人でしたら、登録されている情報はないはずです。

 

しかし、過去にクレジットカードなどで支払いの延滞があったり、10年近く前に自己破産していたり任意整理をした方は、融資を申し込む前に、自分の情報が登録されているか確認したほうが無難でしょう。

 

もちろん、信用情報機関では厳重に情報管理しているので、個人情報が漏れる心配はありません。

プロミスのお申し込みはこちら

金利 4.5%〜17.8%(実質年率)
限度額 1〜500万円
融資時間 WEB契約で最短即日
  • 30日間無利息サービスあり※
  • 来店不要で即日回答
  • 3項目で3秒診断!
  • シミュレーションで事前確認OK
  • 実質年率が低い
※メールアドレス登録とWeb明細利用登録が必要

ご契約方法を「Web」にすると最短即日