専業主婦の夫に内緒の借り入れについて

プロミスのお申し込みはこちら

金利 4.5%〜17.8%(実質年率)
限度額 1〜500万円
融資時間 WEB契約で最短即日
  • 30日間無利息サービスあり※
  • 来店不要で即日回答
  • 3項目で3秒診断!
  • シミュレーションで事前確認OK
  • 実質年率が低い
※メールアドレス登録とWeb明細利用登録が必要

ご契約方法を「Web」にすると最短即日

夫に内緒で借入をしたいと思っています。どうすれば借入ができるようになるのでしょうか?

わたしは専業主婦です。

 

法律が変わって、専業主婦だと、今までのように金融会社から借入ができなくなったと聞きましたが、専業主婦どうすれば借入ができるようになるのでしょうか?

 

夫に内緒で借入をしたいと思っています。

残念ながら、ご主人に内緒で専業主婦の方が金融会社から融資を受けるのは不可能です。

 

2010年に改正された貸金業法が施行されるまでは、仕事を持たない専業主婦の方にも融資をする金融会社が多数ありました。

 

しかし、その審査のゆるさが、個人では返済能力を持たない主婦の多重債務者を増やす結果を招いてしまったので、法律が大幅に変わりました。

 

金融会社から融資を受けられるのは、給与収入や家賃収入、年金収入などがある方に限られてしまい、その額も年収の3分の1までという制限がつけられました。

 

したがって、仕事を持たない専業主婦の方は、単独で融資の申し込みができなくなりました。

 

専業主婦(主夫も含む)の方が借入をするためには、配偶者の同意書が必要です。

 

さらには、配偶者との婚姻関係を示す住民票や戸籍抄本、配偶者の年収を証明する書類も必要です。

 

申し込み時は、配偶者が同席する必要はありませんが、言うまでもなく、同意書は配偶者本人が記入しなくてはなりません。

 

ご主人に黙って同意書を書いて融資を申し込むと、ご主人の会社や携帯電話などに連絡がいってしまうので、後に大きなトラブルとなってしまいます。

 

同意書を本人以外の人が書いて提出すると、犯罪行為になる可能性もあるので、ご主人に内緒で申し込むのは、絶対に避けてください。

 

なお、ご主人が同意してくれた場合は、その情報が信用情報機関に記録されます。

 

同意書は、配偶者が貸し付け契約を結ぶことに対する同意と、この信用情報機関に記録されることへの同意を得るためのもので、ご主人が連帯保証人になる必要はありません。

 

法律で決められた融資上限額は、ご主人の借入と合わせて年収の3分の1までとなっています。

 

なので、すでにご主人に借入があるような場合は、融資上限額は低くなり、審査も厳しくなることが予想されます。

 

わたしの知人に、姉妹の金銭的事情から、ご主人の同意を得てまでして、消費者金融から借入をした女性がいますが、融資枠はかなり少なかったそうです。

 

ご主人の年収は600万を超えていましたが、その方の融資枠は20万円程度だったと記憶しています。

 

消費者金融の審査は、定職がある人でも厳しくなっているので、条件の悪い専業主婦の方でしたら、必要書類が揃っていても、この方のように融資枠は少なくなると思います。

プロミスのお申し込みはこちら

金利 4.5%〜17.8%(実質年率)
限度額 1〜500万円
融資時間 WEB契約で最短即日
  • 30日間無利息サービスあり※
  • 来店不要で即日回答
  • 3項目で3秒診断!
  • シミュレーションで事前確認OK
  • 実質年率が低い
※メールアドレス登録とWeb明細利用登録が必要

ご契約方法を「Web」にすると最短即日