借入可能額を下げられた理由は?

プロミスのお申し込みはこちら

金利 4.5%〜17.8%(実質年率)
限度額 1〜500万円
融資時間 WEB契約で最短即日
  • 30日間無利息サービスあり※
  • 来店不要で即日回答
  • 3項目で3秒診断!
  • シミュレーションで事前確認OK
  • 実質年率が低い
※メールアドレス登録とWeb明細利用登録が必要

ご契約方法を「Web」にすると最短即日

一度も返済に遅れたことはありませんでしたが、借入可能額を下げられていました。どんな理由が考えられるでしょうか?

今まで5年以上、消費者金融のカードを利用してきましたが、一度も返済に遅れたことはありませんでした。

 

ところが先日、借入可能額を見たら急激に下げられていました。

 

コールセンターに電話をして聞いたら、当社の見直し審査の結果、借入ができなくなりました、と言われました。

 

理由を聞いても「当社の規定で」と繰り返されるばかりで、具体的には教えてもらえませんでした。

 

どんな理由が考えられるでしょうか?

 

ちなみに、申し込み時から転職はしましたが、年収は変わっていません。

消費者金融会社は、各社で独自の審査基準を持っているので、質問者様のようなケースで理由を特定するのは難しいのですが、考えられることを下記に挙げてみます。

 

融資を申し込んだ時の年収が低かった

5年以上カードを利用しているということは、改正貸金業法が施行される前に消費者金融会社と契約したということですね。

 

この時期の消費者金融会社は、申込者の返済能力を超えた融資をする傾向にあり、300万円程度の年収の人に、年収と同じ額の貸付をするケースもありました。

 

その影響で、多重債務者が増えて社会問題となり、貸金業法が改正されることになりました。

 

新しい法律では、個人への融資は年収の3分の1以内と変更されて、これに違反して融資を続けていると、金融会社は罰則を受けることになります。

 

また、1社から50万円、他社も含めて100万円以上の借入をしている人は、収入証明書を提出する義務が課されました。

 

質問者様は、毎月の返済の時に、ATMに「収入証明書を提出してください」と表示されていませんでしたか?

 

もしくは、金融会社からそのような内容の電話は来ていませんでしたか?

 

もし、こうしたことに該当していて、収入証明書をまだ提出していないとしたら、このことが原因の1つとも考えられます。

 

仮に、1社からの借入額が少なくても、他社から多く借りている場合は、総額で判断されるので、金融会社が信用情報機関などに再度、照会をかけて、質問者様の利用可能額を見直して下げた可能性があります。

 

転職した情報を届けていなかった

転職した際、新しい勤務先を金融会社に知らせましたか?

 

勤務先の情報は、金融会社が連絡を取る手段として重要な情報です。

 

1社には届けていて、もう1社には届けていないと、その履歴が信用情報機関を通じて伝わる可能性もあります。

 

そのことが信用度のダウンにつながって、融資可能額に見直しがかかる、ということも考えられます。

 

今一度、借入をしている金融会社に登録されている情報を確認することを、強くおススメします。

プロミスのお申し込みはこちら

金利 4.5%〜17.8%(実質年率)
限度額 1〜500万円
融資時間 WEB契約で最短即日
  • 30日間無利息サービスあり※
  • 来店不要で即日回答
  • 3項目で3秒診断!
  • シミュレーションで事前確認OK
  • 実質年率が低い
※メールアドレス登録とWeb明細利用登録が必要

ご契約方法を「Web」にすると最短即日