今の消費者金融から融資を受けてもリスクはない?

プロミスのお申し込みはこちら

金利 4.5%〜17.8%(実質年率)
限度額 1〜500万円
融資時間 WEB契約で最短即日
  • 30日間無利息サービスあり※
  • 来店不要で即日回答
  • 3項目で3秒診断!
  • シミュレーションで事前確認OK
  • 実質年率が低い
※メールアドレス登録とWeb明細利用登録が必要

ご契約方法を「Web」にすると最短即日

今の消費者金融から融資を受けてもリスクはないのでしょうか?

過払い金の問題などがあって、大手の消費者金融でも倒産に追い込まれたというニュースを聞きました。

 

そんな状況で、今の消費者金融から融資を受けてもリスクはないのでしょうか?

いわゆる「グレーゾーン金利」が撤廃されてから、消費者金融各社は過払い金の返還に対応しなくてはならなくなり、どこも財務状況が悪化しています。

 

中小の消費者金融は、どんどん倒産していますし、大手の消費者金融会社は銀行の傘下に入るなどして、経営再建を図っています。

 

プロミスは三井住友銀行、レイクは新生銀行系列の会社になり、イメージの刷新にも力を入れています。

 

銀行の傘下に入ったからといって、「今の消費者金融は安心、安全」とは言い切れませんが、法律が改正されてからは、各社共に法律に基づいた審査と融資を行なっています。

 

業界に詳しい友人の話によると、経営状態も安定化させるために、経費のかかる営業所や無人契約機をどんどん減らして、インターネットを中心とした取引にシフトしているとのことです。

 

今回、プロミスから借入をした私の感想としては、以前の消費者金融は、お金を貸すことだけがサービスという感じでしたが、今のプロミスは、顧客サービスを充実させて、個人の安心できるマネーパートナーに変身しつつある、という印象を持っています。

 

たとえば、借入金の銀行振り込みサービスは手数料がかかりませんし、返済の際も振込み手数料がかかりません。

 

クレジットカードと同じようなポイントサービスも展開していて、ATM手数料が無料にできたり、無利息機関を作ったりすることもできます。

 

利息に関してもプロミスは他社より顧客を優遇しており、上限金利は年利17.8パーセントになっています。

 

この利息は一部のクレジットカードより低いので、手数料のことや利便性を考慮すると、クレジットカードのキャッシングよりかなりポイントが高いと感じます。

 

万一、プロミスが倒産してしまったとしても、借金が0になることはありません。

 

プロミスに代わる債権会社に支払いを続けていくことになりますが、一括で全額返済しなくてはならないとか、支払い条件が変わるといったこともないようです。

 

こうして考えてみると、イメージもサービス内容も変わりつつある今の消費者金融から融資を受けることに、これといったリスクは見当たらないと、わたしは感じています。

 

これまで以上に、収入と返済のバランスを考えて、計画的な借入、返済を行なえば、消費者金融は便利なサービスではないでしょうか?

プロミスのお申し込みはこちら

金利 4.5%〜17.8%(実質年率)
限度額 1〜500万円
融資時間 WEB契約で最短即日
  • 30日間無利息サービスあり※
  • 来店不要で即日回答
  • 3項目で3秒診断!
  • シミュレーションで事前確認OK
  • 実質年率が低い
※メールアドレス登録とWeb明細利用登録が必要

ご契約方法を「Web」にすると最短即日