プロミス審査に通るかどうか不安だけどお金が必要だしどうすればいいの?

TOP PAGE

お金を借りることができる金融機関には銀行の他に消費者金融やクレジット

お金を借りることができる金融機関には銀行の他に消費者金融やクレジットカードでのプロミスのキャッシングがあります。


近頃は銀行でもカードローンが取り扱われているのでスピーディに借りられるようになりました。金融機関とはお金を貸すことによって発生する利子で利益を上げています。消費者金融の金利と銀行金利を比較してみると一般的には消費者金融の金利の方が高いと言われています。

必ずしも消費者金融のほうが金利が高いとは言い切れません。一般的に消費者金融のプロミスのキャッシングの金利は銀行カードローンよりも高い場合が多いです。

消費者金融プロミスのキャッシングの適用金利は3.0%から18.0%を設定していることが多いのですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)なので明らかに低金利なことが分かります。消費者金融の最大貸出限度額は、500から800万円と設定されていることが多いのですが銀行プロミスのカードローンは800から1200万円と高額です。
(一部の銀行を除く)ちなみに、銀行カードローンは事業用資金に使えないなどの制約がありますが消費者金融のプロミスのキャッシングは事業用資金に使用を認められていることが多いです。



又、銀行カードローンは同行に口座を開設するなどの条件が付加されたりしますが、消費者金融の場合は預金機能がありませんので、面倒な条件もありません。


消費者金融のプロミスのキャッシングと銀行のカードローンには違いがあります。両者それぞれ、メリットデメリットがあるので比較してみることにします。消費者金融のメリットはずばり審査時間が早いといったことなどがありますが銀行カードローンと比べると高金利なことや、借入限度額が低いというデメリットがあります。
銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法と法律が異なっており貸金業法には総量規制があります。これは、借り過ぎを防止するために設定された規制で年収の三分の一を超える借り入れができないとされるものです。ただし、住宅ローンやマイカーローンのように有担保ローンは除外されカードローンやプロミスのキャッシングのような無担保ローンにだけ適用される規制です。近頃の消費者金融といえば法律の改正やCMでのイメージアップ効果によって年々、ブラック企業というイメージは払拭されつつあります。最近は就職先としての人気もうなぎ上りのようなので消費者金融業界の業務内容や労働条件を解説します。主な業務内容は債務者の個人データをパソコンに入力・管理し、返済遅延者に電話やメールで督促知らせを出すという業務があります。就職するにあたり、絶対に取得しておくべき資格はありませんが店長(責任者)に昇格するには「貸金業務取扱主任者」の資格が必須となります。
気になる年収ですが大卒の初任給で20から30万円程度でノルマ達成などといった成果を上げることでボーナスが期待できます。消費者金融のプロミスのキャッシングの良いところは簡単に借り入れることができ好きな時に返済できるので手軽に利用することができることですよね。

ですが、カードローンは使い方によっては非常に有用なものなのですが住宅ローンなどの借り入れ額が大きいローンを組めなくなる可能性があります。

特に住宅ローンは長期に渡って数千万円という大金を返済していくことになりますのでローンを組む人は金銭的に安定していることが第一条件となるのです。プロミスのカードローンを利用し続けている人は常に借り入れをしていると判断され事前審査の段階で落とされてしまうでしょう。完済していてもローンカードを持っているだけで審査に不利になりますから住宅ローンを組む場合には、カードローンは解約しておくことをおすすめします。
お金を融通してくれる金融機関はたくさんありますが大きく分けると銀行とノンバンクの2種類に分けることができます。
ノンバンクとは銀行以外の融資機関の総称でクレジットカード会社や消費者金融プロミスなどが該当します。信販会社やクレジットカード会社というのは、商品購入代金の立て替え業務がメインで利用限度枠内に限りプロミスのキャッシングサービスの提供も行われています。

一方、消費者金融とは貸金業専門の金融機関となり限度枠内であれば何回でも借入と返済が可能となることが主な特徴です。
銀行と消費者金融が大きく違う点は業務内容です。銀行は金融以外にも為替や保険など多岐にわたり様々な商品を取り扱っています。

金融業者各社の借入れの条件や金利などといったデータはランキングサイトを見れば一目瞭然です。
消費者金融ごとにまとめてくれているサイトもあれば一覧表にすることで比較しやすく表示してくれているサイトもあります。各消費者金融についておすすめポイントなどを記載し紹介しているサイトもあるので消費者金融プロミスに詳しくなくても、簡単に比較することができますので非常に便利です。さらに公式サイトへのリンクを貼っているすぐに行けるようになっていたりするので比較検討後、すぐに申し込み手続きをすることもできてしまいます。


又、ランキングサイトには、審査に申し込む時の記入方法や審査をクリアするためのコツなどが記載されていることもありますよ。お金を工面する方法としてカードローンがありますが銀行が融資してくれるものと消費者金融が融資してくれるものと2種類があります。銀行カードローンは金利が低く、貸出限度額が大きいのですが審査は厳しめとされていますので、比較的属性が高い人におすすめのカードローンです。
消費者金融プロミスのキャッシングの場合、利息が高めとなっているほか、最大貸出限度額も低く、個人の年収や借入れ状況によっても限度額が大きく変化します。


諸々の条件で消費者金融の方が銀行カードローンよりもデメリットを感じるかもしれませんが、銀行と比較すると、消費者金融のプロミスのキャッシングの方が審査に通りやすいため属性に自信が無い方でも審査に通る可能性があります。また、審査結果もスピーディーで、プロミスの即日融資も可能ですから今すぐお金が必要!というときに利用されることをおすすめします。



プロミスのカードローンの新規に申込場合、一般的には、郵送、電話、インターネットによる申し込みが可能です。
郵送の場合は、店舗や電話オーダーで申込書を入手して必要事項を記入後に返送して審査結果を待つという流れになります。

審査にクリアしたら、本人確認証明書や取引口座などの必要資料のコピーを同封し送ると契約手続きが行われて、ローンカードがお手元に届くという流れになります。

一方、パソコンやスマホからの申し込みでは消費者金融のサイトへアクセスし、申込フォームに入力して送信するだけです。
メールにて審査に通過したという連絡が来たらそのメールに記載されているサイトへアクセスして必要書類をカメラで撮影してアップするというweb完結が主流です。消費者金融は貸金業という法律がありますので銀行を規制する銀行法とは異なる法律の適用を受けます。
貸金業法と銀行法の違いは何かというと貸金業法には融資金額の制限がある総量規制があることです。総量規制というのは、個人の年収の1/3を超えて融資はできないというものでこの規制により、利用者の借り過ぎを防ぐ効果を目的としています。

従って、収入が無い専業主婦などの人たちは消費者金融に借り入れ申請をしても仮審査も通りません。


ちなみに、銀行は銀行法で規制されているため総量規制がありません。専業主婦の方でも利用することができます。

メニュー


Copyright (C) 2014 プロミス審査に通るかどうか不安だけどお金が必要だしどうすればいいの? All Rights Reserved.

TOP
PAGE