プロミス会社にバレる?

プロミスのお申し込みはこちら

金利 4.5%〜17.8%(実質年率)
限度額 1〜500万円
融資時間 WEB契約で最短即日
  • 30日間無利息サービスあり※
  • 来店不要で即日回答
  • 3項目で3秒診断!
  • シミュレーションで事前確認OK
  • 実質年率が低い
※メールアドレス登録とWeb明細利用登録が必要

ご契約方法を「Web」にすると最短即日

プロミスの借り入れは会社や家族にバレる?

クレジットカードも含めて、金融会社と契約をして借入をすると、必ずキャッシングカードが発行されます。

 

一人暮らしだったらあまり気にすることはないですが、所帯持ちとなると、自分の家内が金融会社から借入を受けることに理解をしてもらえる方は少ないことでしょう。

 

わたしのように所帯持ちの方で、金融会社から借入をする時は、たいていの場合は家族に内緒にしておくのが普通だと思います。

 

なので、借り入れする時だけでなく、カードや契約書が自宅に届く時、返済した時に発行される明細書など、バレないようにかなりの気を使わなくてはなりません。

 

こうした点を考慮してか、プロミスでは「消費者金融であるプロミス」に融資の申し込み、借入をしていることを家族などに知られないように、最大限の配慮をしてくれます。

 

まずは、インターネットからの申し込み時、入力項目に

 

「今回の融資申し込みは、ご家族が知っていますか?」

 

「当社からの発送物は、「プロミス」「パルセンター」どちらの名前でお送りしますか?」

 

といったチェック項目があります。

 

融資の申し込みをしてから、最初にプロミスから来る連絡は、会社への在宅確認です。

 

ここでは、申込者の友人のフリをして、個人名で電話をかけてきます。

 

最近では、私用電話にうるさい会社もあるので、そういう場合は、事前のネゴシエーションが必要かもしれません(笑)。

 

ましてや、電話してくるプロミスの担当者が女性だったら、なおのことだと思います。(わたしの場合も、女性が電話をかけてきたので、同僚の突っ込みに少し困りました・・)

 

これを通過して審査が通れば、その旨を伝える連絡が携帯にきます。

 

携帯は自分が出るので問題は少ないと思いますが、近くに家族がいる時などは、わざとらしい会話にならないように、こちらも事前に心の準備をしておきましょう。

 

「仕事の電話だから」

 

と言って一時保留にして、家族の耳に入らない場所で通話するのが無難だと思います。

 

最後の注意点は、審査通過、融資実行後に自宅に送られてくる契約書とプロミスのカードです。

 

クレジットカードなどでは、運転免許証などを提示して、本人しか受け取れないようにする「本人限定郵便」で送られてくる場合もありますが、プロミスの場合は「配達記録郵便」で発送されてきます。

 

差出人は「プロミス」ではなく「パルセンター」となっていますが、これだと、家族にバレてしまう可能性があるので、こうしたリスクを回避したい時は、契約書とカードは営業所まで取りにいく方法を選ぶことを強くおススメします。

 

こうした点を注意しておけば、会社や家族に消費者金融であるプロミスから借り入れを受けたことがバレることはないので、とにかく、契約して書類が手元に届くまでは、気を抜かないようにしましょう。


プロミスのお申し込みはこちら

金利 4.5%〜17.8%(実質年率)
限度額 1〜500万円
融資時間 WEB契約で最短即日
  • 30日間無利息サービスあり※
  • 来店不要で即日回答
  • 3項目で3秒診断!
  • シミュレーションで事前確認OK
  • 実質年率が低い
※メールアドレス登録とWeb明細利用登録が必要

ご契約方法を「Web」にすると最短即日

プロミスは会社にバレる?バレない?【私の借り入れ体験談】関連ページ

プロミスすぐ借りれる?本審査の時間は?【即日融資の窓口】
インターネットから申し込みができる金融会社は、スピード審査、融資を売りにしています。実際にプロミスの融資を申し込んでみると、30分以内に審査が完了し、45分程度で融資が実行されました。
プロミスいくらまで借りれる?限度額は?
プロミスの個人への融資限度額は300万円ですが、インターネットから融資を申し込む場合、その限度額は50万円です。それ以上の融資を希望する場合は、営業所に行って直接申し込むか、郵送で申し込むことが必要です。
プロミス申込ブラック大丈夫?【複数申込で落ちるのは本当か?】
ネットの情報では、金融会社に借入を申し込む時、一度に複数の会社に申し込まないほうがいい、とありました。信用情報会社に照会が行なわれ、その履歴が残るため、お金に困っている申込者と見なされるからです。