プロミス限度額いくらまで?

プロミスのお申し込みはこちら

金利 4.5%〜17.8%(実質年率)
限度額 1〜500万円
融資時間 WEB契約で最短即日
  • 30日間無利息サービスあり※
  • 来店不要で即日回答
  • 3項目で3秒診断!
  • シミュレーションで事前確認OK
  • 実質年率が低い
※メールアドレス登録とWeb明細利用登録が必要

ご契約方法を「Web」にすると最短即日

実際のところいくらぐらい借りれるものなの?

プロミスの融資は、最大で500万円まで可能だそうです。

 

ただし、法律で個人が借入できる額を制限した「総量規制」という制度があり、年収の3分の1までしか借入できません。

 

この借入は、すべての金融会社からの借入の総額で、クレジットカードのキャッシングも含まれるので、他社からの借入がある方は注意が必要です。

 

なお、ショッピングの一括払いやボーナス払い、リボ払いは総量規制の対象にならないほか、銀行のカードローンも対象になりません。

 

以前の消費者金融は、融資を受ける人の支払い能力を超えた額を平然と融資していた時期がありましたが、今はこうした法律で厳格に定められているので、連帯保証人を立てたとしても、これ以上の融資を受けることはできません。

 

プロミスに融資を申し込むには、インターネット、来店、自動契約機、郵送など、さまざまな手段があります。

 

また一番手軽なインターネットからでも、融資可能最大額は500万になります。

 

また、インターネットからの申し込みだと、書面を交わすなど面倒な手続きがなくても上限が500万円となっており、郵送や来店での申し込みと同じ融資限度額の融資申し込みが可能になります。

 

インターネットから融資を申し込む時に気をつけたいのは、入力項目に「借入希望額」と「希望契約額」という2種類の項目がある点です。

 

借入希望額というのは、あくまでも今必要としている額のことで、希望契約額というのは、一言で言うと「融資できる枠」のことです。

 

たとえば、今、10万円しか必要ないとしても、50万円の契約額にしておけば、40万円の借入枠が残っているので、後から追加で借入ができます。

 

借入希望額と同じく、希望契約額も10万円にして契約するとさらに追加融資をお願いする際は、再び、審査が必要になります。

 

申し込みする時に、後からお金が必要になる可能性がある方でしたら、希望契約額は50万円にしておいたほうがいいと思います。

 

逆に、借入希望額以上のお金は必要ないという方でしたら、無駄な借金はしないように自分をコントロールするためにも、わたしのように、希望契約額も最低額にするといいでしょう。

 

ちなみに、プロミスでは最初の契約、借入の利用から半年ぐらい経った段階ではないと、プロミスの中での申込者の信用度が上がらず、少額でも追加融資は難しいらしいです。

 

インターネットから50万円の枠で融資を受けて、返済が滞ることなくプロミス内での信用度が上がれば、契約をしなおすことなく、ネットの会員ページや電話から利用枠拡大の依頼はできるそうです。


プロミスのお申し込みはこちら

金利 4.5%〜17.8%(実質年率)
限度額 1〜500万円
融資時間 WEB契約で最短即日
  • 30日間無利息サービスあり※
  • 来店不要で即日回答
  • 3項目で3秒診断!
  • シミュレーションで事前確認OK
  • 実質年率が低い
※メールアドレス登録とWeb明細利用登録が必要

ご契約方法を「Web」にすると最短即日