プロミス大丈夫

プロミスのお申し込みはこちら

金利 4.5%〜17.8%(実質年率)
限度額 1〜500万円
融資時間 WEB契約で最短即日
  • 30日間無利息サービスあり※
  • 来店不要で即日回答
  • 3項目で3秒診断!
  • シミュレーションで事前確認OK
  • 実質年率が低い
※メールアドレス登録とWeb明細利用登録が必要

ご契約方法を「Web」にすると最短即日

プロミス借りても大丈夫?印象は?

今は昔と違って、世間的に消費者金融のイメージはかなりよくなっていますよね。

 

コマーシャルや電車の中吊り広告などでも、身近で気軽に利用できるようなイメージで作られていますし、運営している会社が誰でも知っている大手銀行だったりするので、「借りると怖い」といった不安は微塵も感じさせません。

 

そういえば、最近のプロミスのコマーシャルでは、ドラマによく出ている女優の相武紗季が出ていますね。

 

わたしが最初にプロミスを利用したころは、まだ銀行系の金融会社ではありませんでしたが、今では、三井住友銀行が100パーセントの株主になっていて、いわゆる「サラ金」というグレーなイメージは感じさせません。

 

わたしが初めてプロミスを知ったのは子供の頃で、自宅近くの駅に営業所がありました。

 

その営業所が入っているビルには、他の消費者金融も入っていたので、近所の人たちが「サラ金ビル」と呼んでいたのを、今でもはっきりと覚えています(笑)。

 

「サラ金からお金を借りたら、とんでもないことになる」

 

なんて、ドラマなどの影響で怖いイメージを持っていました。

 

それから20年後ぐらいに、このプロミスに初めてお世話になることになったのですが、当時は無人契約機が街のあちこちにできていて、今よりもコマーシャルが多く流れていました。

 

プロミスに限らず、消費者金融全体が、わたしが子供の頃に抱いていたようなイメージを払拭しようとして、「借りやすさ」をアピールしていました。

 

わたしもこのプロミスの無人契約機で契約をしましたが、営業所に出向いて対面で審査を受けなくてはいいとはいえ、後ろめたさや、返せなくなった時の怖さは、とても強く感じていました。

 

今でこそ、プロミスの利息は17.8パーセント以下ですが、たしか当時は、30パーセント近くもあって、毎月発生する利息は、かなりの額になっていました。

 

わたしの友人にも消費者金融で借入をしていた人が何人かいましたが、今のように年収の30パーセントまでしか借入ができない「総量規制」がない時代だったので、いったい借金がいくらになっているのか分からなくなっている友人もいました。

 

その時にわたしがプロミスから借りたお金は、計画的に返済を続けて予定通り完済し、契約も解除したのでカードも破棄しました。

 

「やっぱり、借りている間のプレッシャーは大きい」

 

と感じていたので、それからはお金が必要になった時は、クレジットカードのキャッシングしか利用していませんでした。

 

その後、消費者金融の昔の利息が違法と法律で決められ、お客から取りすぎていた利息を返済する「過払い金」が社会問題になり、倒産していく会社が増えました。

 

昔の消費者金融会社は、利息制限法という法律で決められた利息ではなく、出資法で決められた利息で融資をしていて、その差は10パーセント以上ありました。

 

つまり、グレーゾーンと分かっていながら、消費者金融は高額な金利で融資を行なっていたんですね。

 

それが、すでに支払った利息を利用者に返還する義務が出てきたため、各消費者金融会社の経営状態は悪化の一途をたどっていきました。

 

あの、ダンスのコマーシャルで有名だった大手の消費者金融も倒産して、今では別の子会社が運営しているようですね。

 

プロミスを含めた消費者金融業界には、こういったダーティーな歴史ができてしまったため、私が今回融資を申し込んだ時は、かなり警戒していました。

 

しかし、実際に融資を申し込むためにプロミスのホームページにアクセスしてみると、まるで別の会社かと思えるほど、イメージが変わっていました。

 

それは、会社のイメージだけでなく、サービス内容にも現れていました。

  • 金利は法律で決められた利率で、初めてプロミスに申し込む人は、30日間の利息が無料
  • 借入も返済もインターネットバンクが利用できて、振り込み手数料は何回利用しても無料
  • ホームページ上で融資の申し込みができるだけでなく、身分証明書の提出もデジカメや携帯で撮影した画像でOK

などなど・・・。

 

運営している会社は、三井住友銀行系の金融会社会社になっていて、利息をよくチェックしてみると、なんとクレジットカード会社よりも低いことに気がつきました。

 

実際に、借入や返済や、インターネットの会員サービスなどを体験してみると、利便性の高さにも驚きます。

 

プロミスのコマーシャルやインターネットなどの広告では、

 

「お客様のために、プロミスが今できること」

 

という言葉を連呼していますが、正直、必死にイメージアップを図っているな、と思っていました。

 

でも、パソコンだけでなく、携帯やスマートフォンを中心に、プロミスのサービスを利用できるという、今の時代や使っている人の利便性に合わせたサービスや、利息を安くできるポイントサービスなどは、言葉通り、お客様のためになっていることです。

 

他の消費者金融と比べてみても、プロミスはサービスの質が高いと思いますし、今では「安心して利用できる金融会社」として、銀行と同じぐらい紳士的なイメージを持っています。


プロミスのお申し込みはこちら

金利 4.5%〜17.8%(実質年率)
限度額 1〜500万円
融資時間 WEB契約で最短即日
  • 30日間無利息サービスあり※
  • 来店不要で即日回答
  • 3項目で3秒診断!
  • シミュレーションで事前確認OK
  • 実質年率が低い
※メールアドレス登録とWeb明細利用登録が必要

ご契約方法を「Web」にすると最短即日

プロミス借りても大丈夫?【実際に借りてみた私の感想】関連ページ

プロミスのネット完結申し込みは大丈夫?【実際に使った感想】
以前は「サラ金」として負のイメージが強かったプロミスですが、法改正を機に三井住友銀行グループに入り、健全なサービスを提供してることに気づきました。今では、クレジットカードより気が利いています。
プロミスはばれない?家族や職場への電話【バレなかったか】
消費者金融でお金を借りる時は、家族に内緒にするケースがほとんどだと思います。プロミスは、郵送物や振込みを「パルセンター」という名前にしてくれるので、家族にバレる心配はほとんどありません。
プロミス審査落ちた?落ちないための注意点【経験者のアドバイス】
金融に関する個人の情報は、特定の情報会社が一元管理しており、金融会社はそこに登録されている情報を照会します。融資を申し込む時は、その点を注意して、事実を正しく入力することが重要です。
プロミスの審査内容は?【借り入れ審査で何を聞かれたか?】
プロミスのインターネット融資申し込みは、意外と入力項目が少なく、収入を証明する書類の提出も不要です。でも、わたしのように会社の在社期間が短かったりすると、支払い能力を確認する電話がくるようです。
プロミス即日融資できる?土日祝日はどう?【即日振込OK】
プロミスの融資審査は早いという評判が多いですが、実際に体験してみると、申し込みから銀行にお金が振り込まれるまで、かかった時間はたった1時間。急いでいる時は、特に助かるサービスです。
プロミスの利息は高いのか低いのかを調べてみた【実際の利率】
プロミスでお金を借りた時の利息は、驚くことに、クレジットカードの利息より安いのです。借入や返済でネットバンキングを利用する時も、その振込み手数料はかからないので、かなりのお得感を感じます。
プロミス返済は?返済する方法と方式を知る【負担を減らす工夫とは】
プロミスの毎月の返済は、ATMやコンビニ、銀行振り込みといった方法がありますが、一番便利なのはインターネットバンキングによる振込みです。携帯でも操作できますし、振り込み手数料もかかりません。
プロミスアフターフォローは?相談窓口あり【会員専用ページが充実】
プロミスでは、借入申し込みの審査が終わって振込みが実行されると、その後のアフターフォローはありません。しかし、パソコンや携帯で使える会員専用ページが、コンシェルジュのような役目を果たします。
プロミスで連帯保証人や担保は必要?【プロミス経験者が語る】
消費金融やキャッシング会社では、保証人や担保を必要としないのが一般的です。しかし中には、未だに違法金利で貸付を行なっている金融会社もあるので、そうした会社から融資を受けるのは避けるべきでしょう。
プロミス無人契約機って?使い方を解説!【私の潜入レポート】
プロミスは、主要な駅にはATMを構えているので、インターネットと併用して利用すれば、かなり便利です。ネットが使えないときはATM、時間がなく、夜中などに返済、借入をする時は、ネットでいつでも取引できます。