プロミス利息利率

プロミスのお申し込みはこちら

金利 4.5%〜17.8%(実質年率)
限度額 1〜500万円
融資時間 WEB契約で最短即日
  • 30日間無利息サービスあり※
  • 来店不要で即日回答
  • 3項目で3秒診断!
  • シミュレーションで事前確認OK
  • 実質年率が低い
※メールアドレス登録とWeb明細利用登録が必要

ご契約方法を「Web」にすると最短即日

プロミスの利息は高いのか低いのか?実際にはどれぐらいの金利で契約できるのものなの?

消費者金融の利率といえば、わたしが以前借りていた頃は30パーセント近くもあって、利息を返すだけでも大変でした。

 

一番お金に困っていた時期は、かなりの金額を借りていたので、毎月返済しているというのに、なかなか元金が減らなくて悩んでいたことを思い出します。

 

でも、数年前にグレーゾーン金利が廃止されて、消費者金融で融資を受ける利率は、クレジットカードのキャッシングの利率と同じぐらいになったと聞いていました。

 

グレーゾーン金利が廃止される前は、利率の高い出資法という法律の金利と、利息制限法という利率の低い金利の2種類があって、良心的に感じるクレジットカード会社ですら、このグレーゾーン金利を適用していたところもあったようです。

 

今回わたしは、急にお金が必要になったのですが、真っ先に考えたのがクレジットカードのキャッシングです。

 

でも、クレジットカードは毎月の利用明細書が自宅に送られてきて、家内がたまにチェックすることがあるので、気軽に使える状況ではありません。

 

時間もなかったということもあり、今回は消費者金融であるプロミスでお金を借りましたが、もちろん、真っ先に利率をチェックしました。

 

プロミスの利率は、6.3パーセントから17.8パーセントで、借入額や実績などによって変わってくるようです。

 

今回、わたしが借りた額は少額でしたが、以前にプロミスにお世話になったこともあり、毎月の返済に遅れることなく返済を続け、きちんと完済したので、利率が優遇されるかも、と期待していました。

 

でも、わたしの場合も、利率は17.8パーセントからスタート、ということになりました。

 

この利率が高いと思うかどうかは、人によっても違ってくると思いますが、わたしが持っているクレジットカードのキャッシングの利率は、なんと18パーセントです。

 

たった0.2パーセントしか違いませんが、消費者金融よりクレジットカードのほうが利率が安いというのは、正直、驚きでした!

 

利率17.8パーセントだと、たとえば10万円を借りた場合の1ヶ月の利息は

 

10万円×0.178÷365日×30日

 

という計算式になるので、1,463円になります。

 

1日あたりだと、約48円です。

 

お金を借りる時は、人それぞれに事情があって、返済計画も変わってくると思いますが、次回の給料で全額返すつもりで借りるようなケースだったら、この利息はありがたいぐらい安いと思います。

 

新規でお金を借りる時、普通の金融会社でしたらかなりの時間と手間が掛かりますが、プロミスだったら、基本的にすべてネットで完結します。

 

他の金融会社だったら、もっと時間や手間が掛かっていたことを考えると、申し込みから融資まで40分ちょっとで済んだプロミスは、時間の短縮にもつながったので、この利息には十分に満足しています。


プロミスのお申し込みはこちら

金利 4.5%〜17.8%(実質年率)
限度額 1〜500万円
融資時間 WEB契約で最短即日
  • 30日間無利息サービスあり※
  • 来店不要で即日回答
  • 3項目で3秒診断!
  • シミュレーションで事前確認OK
  • 実質年率が低い
※メールアドレス登録とWeb明細利用登録が必要

ご契約方法を「Web」にすると最短即日

プロミスの利息は高いのか低いのかを調べてみた【実際の利率】関連ページ

プロミスのネット完結申し込みは大丈夫?【実際に使った感想】
以前は「サラ金」として負のイメージが強かったプロミスですが、法改正を機に三井住友銀行グループに入り、健全なサービスを提供してることに気づきました。今では、クレジットカードより気が利いています。
プロミスはばれない?家族や職場への電話【バレなかったか】
消費者金融でお金を借りる時は、家族に内緒にするケースがほとんどだと思います。プロミスは、郵送物や振込みを「パルセンター」という名前にしてくれるので、家族にバレる心配はほとんどありません。
プロミス審査落ちた?落ちないための注意点【経験者のアドバイス】
金融に関する個人の情報は、特定の情報会社が一元管理しており、金融会社はそこに登録されている情報を照会します。融資を申し込む時は、その点を注意して、事実を正しく入力することが重要です。
プロミスの審査内容は?【借り入れ審査で何を聞かれたか?】
プロミスのインターネット融資申し込みは、意外と入力項目が少なく、収入を証明する書類の提出も不要です。でも、わたしのように会社の在社期間が短かったりすると、支払い能力を確認する電話がくるようです。
プロミス即日融資できる?土日祝日はどう?【即日振込OK】
プロミスの融資審査は早いという評判が多いですが、実際に体験してみると、申し込みから銀行にお金が振り込まれるまで、かかった時間はたった1時間。急いでいる時は、特に助かるサービスです。
プロミス返済は?返済する方法と方式を知る【負担を減らす工夫とは】
プロミスの毎月の返済は、ATMやコンビニ、銀行振り込みといった方法がありますが、一番便利なのはインターネットバンキングによる振込みです。携帯でも操作できますし、振り込み手数料もかかりません。
プロミスアフターフォローは?相談窓口あり【会員専用ページが充実】
プロミスでは、借入申し込みの審査が終わって振込みが実行されると、その後のアフターフォローはありません。しかし、パソコンや携帯で使える会員専用ページが、コンシェルジュのような役目を果たします。
プロミスで連帯保証人や担保は必要?【プロミス経験者が語る】
消費金融やキャッシング会社では、保証人や担保を必要としないのが一般的です。しかし中には、未だに違法金利で貸付を行なっている金融会社もあるので、そうした会社から融資を受けるのは避けるべきでしょう。
プロミス借りても大丈夫?【実際に借りてみた私の感想】
昔からある「サラ金」のイメージ、過払い金返還の問題など、プロミスを始めとする消費者金融には、グレーなイメージが強かったです。でも、今のプロミスは、利用したら分かる「紳士的」なサービスを提供しています。
プロミス無人契約機って?使い方を解説!【私の潜入レポート】
プロミスは、主要な駅にはATMを構えているので、インターネットと併用して利用すれば、かなり便利です。ネットが使えないときはATM、時間がなく、夜中などに返済、借入をする時は、ネットでいつでも取引できます。