プロミス利息利率

プロミスのお申し込みはこちら

金利 4.5%〜17.8%(実質年率)
限度額 1〜500万円
融資時間 WEB契約で最短即日
  • 30日間無利息サービスあり※
  • 来店不要で即日回答
  • 3項目で3秒診断!
  • シミュレーションで事前確認OK
  • 実質年率が低い
※メールアドレス登録とWeb明細利用登録が必要

ご契約方法を「Web」にすると最短即日

プロミスの利息は高いのか低いのか?実際にはどれぐらいの金利で契約できるのものなの?

消費者金融の利率といえば、わたしが以前借りていた頃は30パーセント近くもあって、利息を返すだけでも大変でした。

 

一番お金に困っていた時期は、かなりの金額を借りていたので、毎月返済しているというのに、なかなか元金が減らなくて悩んでいたことを思い出します。

 

でも、数年前にグレーゾーン金利が廃止されて、消費者金融で融資を受ける利率は、クレジットカードのキャッシングの利率と同じぐらいになったと聞いていました。

 

グレーゾーン金利が廃止される前は、利率の高い出資法という法律の金利と、利息制限法という利率の低い金利の2種類があって、良心的に感じるクレジットカード会社ですら、このグレーゾーン金利を適用していたところもあったようです。

 

今回わたしは、急にお金が必要になったのですが、真っ先に考えたのがクレジットカードのキャッシングです。

 

でも、クレジットカードは毎月の利用明細書が自宅に送られてきて、家内がたまにチェックすることがあるので、気軽に使える状況ではありません。

 

時間もなかったということもあり、今回は消費者金融であるプロミスでお金を借りましたが、もちろん、真っ先に利率をチェックしました。

 

プロミスの利率は、4.5パーセントから17.8パーセントで、借入額や実績などによって変わってくるようです。

 

今回、わたしが借りた額は少額でしたが、以前にプロミスにお世話になったこともあり、毎月の返済に遅れることなく返済を続け、きちんと完済したので、利率が優遇されるかも、と期待していました。

 

でも、わたしの場合も、利率は17.8パーセントからスタート、ということになりました。

 

この利率が高いと思うかどうかは、人によっても違ってくると思いますが、わたしが持っているクレジットカードのキャッシングの利率は、なんと18パーセントです。

 

たった0.2パーセントしか違いませんが、消費者金融よりクレジットカードのほうが利率が安いというのは、正直、驚きでした!

 

利率17.8パーセントだと、たとえば10万円を借りた場合の1ヶ月の利息は

 

10万円×0.178÷365日×30日

 

という計算式になるので、1,463円になります。

 

1日あたりだと、約48円です。

 

お金を借りる時は、人それぞれに事情があって、返済計画も変わってくると思いますが、次回の給料で全額返すつもりで借りるようなケースだったら、この利息はありがたいぐらい安いと思います。

 

新規でお金を借りる時、普通の金融会社でしたらかなりの時間と手間が掛かりますが、プロミスだったら、基本的にすべてネットで完結します。

 

他の金融会社だったら、もっと時間や手間が掛かっていたことを考えると、申し込みから融資まで40分ちょっとで済んだプロミスは、時間の短縮にもつながったので、この利息には十分に満足しています。


プロミスのお申し込みはこちら

金利 4.5%〜17.8%(実質年率)
限度額 1〜500万円
融資時間 WEB契約で最短即日
  • 30日間無利息サービスあり※
  • 来店不要で即日回答
  • 3項目で3秒診断!
  • シミュレーションで事前確認OK
  • 実質年率が低い
※メールアドレス登録とWeb明細利用登録が必要

ご契約方法を「Web」にすると最短即日