プロミス即日融資土日祝日

プロミスのお申し込みはこちら

金利 4.5%〜17.8%(実質年率)
限度額 1〜500万円
融資時間 WEB契約で最短即日
  • 30日間無利息サービスあり※
  • 来店不要で即日回答
  • 3項目で3秒診断!
  • シミュレーションで事前確認OK
  • 実質年率が低い
※メールアドレス登録とWeb明細利用登録が必要

ご契約方法を「Web」にすると最短即日

プロミスはプロミス即日融資?審査が早いって本当?

消費者金融にかかわらず、銀行系のローンでも最近は、「即日融資」「迅速審査」を売りにしている会社を多く見かけます。

 

プロミスのサイトでは、生年月日、年収、他社からの借入額といった3項目の入力で、融資が受けられそうか分かる「3秒診断」というページがあります。

 

でも、これはあくまでも簡易的なものなので、実際に申し込んでから融資が受けられるまでは、最低でも半日ぐらいはかかるんじゃないかと思っていました。

 

誰でも実店舗より、対面で手続きをしなくて済むインターネット申し込みのほうが手軽ですし、非常に気が楽になります。

 

なので、インターネットからプロミスの借入を申し込む人は多いと思いますし、審査はコンピューターでするのではなく、人の手で在社確認や在宅確認するわけですから、店舗の手間は同じだと思います。

 

わたしがプロミスの申し込みをした時は、だいたい昼前ぐらいの時間で、たまたま急にお金が必要な状態になってしまって、当日の3時までに銀行から振り込まなきゃいけない状況でした。

 

最初は、消費者金融から借りるのは抵抗があったので、普通のクレジットカード会社や銀行系の会社を探してみました。

 

しかし、当日融資が可能なところもありましたが、3時前までに手続きが終わりそうな会社はありませんでした。

 

そこでやむを得ず、審査が早く、当日振り込みも可能な消費者金融でお金を借りることにしたんですが、同時に何社にも融資を申し込むとよくないと聞いていたので、昔、融資を受けたことがあるプロミスに申し込むことにしました。

 

申し込む前に、審査がどのくらいかかるかプロミスのコールセンターに問い合わせたところ、

 

「今日は比較的、申し込みが少ないので、30分ぐらいあれば審査できます」

 

という回答でした。

 

早速、大急ぎでホームページの申し込みページにアクセスして、個人情報などの入力を開始しました。

 

入力ページはとても親切に作られていて、名前を漢字で入力したらフリガナが自動的に入力されたり、半角で入力する項目に移ると、自動的に半角入力モードになったりと、かなり気が利いています。

 

情報の入力は5分ぐらいで終了し、申し込み完了のメールが送られてきました。

あとは、審査結果の電話を待つだけです。

 

プロミスからの電話は、申し込みボタンを押してから15分後ぐらいにきました。

 

でもこれは、入力内容の詳細などを確認する電話で、この電話が終わってからさらに15分後ぐらいに、審査が通ったことを伝える電話がかかってきました。

 

それから、免許証の写真を写メで撮って送信して、その10分後ぐらいに指定した銀行口座にお金が振り込まれました。

 

プロミスのホームページで申し込んでから融資が完了するまで、たった1時間で完了です。

 

これが、週末とか給料日前だったら、もっと時間はかかるのかもしれませんが、ネットの口コミにもある

 

「プロミスは審査から融資まで、一番早い」

 

というのは信頼できる情報だと思います。


プロミスのお申し込みはこちら

金利 4.5%〜17.8%(実質年率)
限度額 1〜500万円
融資時間 WEB契約で最短即日
  • 30日間無利息サービスあり※
  • 来店不要で即日回答
  • 3項目で3秒診断!
  • シミュレーションで事前確認OK
  • 実質年率が低い
※メールアドレス登録とWeb明細利用登録が必要

ご契約方法を「Web」にすると最短即日

プロミス即日融資できる?土日祝日はどう?【即日振込OK】関連ページ

プロミスのネット完結申し込みは大丈夫?【実際に使った感想】
以前は「サラ金」として負のイメージが強かったプロミスですが、法改正を機に三井住友銀行グループに入り、健全なサービスを提供してることに気づきました。今では、クレジットカードより気が利いています。
プロミスはばれない?家族や職場への電話【バレなかったか】
消費者金融でお金を借りる時は、家族に内緒にするケースがほとんどだと思います。プロミスは、郵送物や振込みを「パルセンター」という名前にしてくれるので、家族にバレる心配はほとんどありません。
プロミス審査落ちた?落ちないための注意点【経験者のアドバイス】
金融に関する個人の情報は、特定の情報会社が一元管理しており、金融会社はそこに登録されている情報を照会します。融資を申し込む時は、その点を注意して、事実を正しく入力することが重要です。
プロミスの審査内容は?【借り入れ審査で何を聞かれたか?】
プロミスのインターネット融資申し込みは、意外と入力項目が少なく、収入を証明する書類の提出も不要です。でも、わたしのように会社の在社期間が短かったりすると、支払い能力を確認する電話がくるようです。
プロミスの利息は高いのか低いのかを調べてみた【実際の利率】
プロミスでお金を借りた時の利息は、驚くことに、クレジットカードの利息より安いのです。借入や返済でネットバンキングを利用する時も、その振込み手数料はかからないので、かなりのお得感を感じます。
プロミス返済は?返済する方法と方式を知る【負担を減らす工夫とは】
プロミスの毎月の返済は、ATMやコンビニ、銀行振り込みといった方法がありますが、一番便利なのはインターネットバンキングによる振込みです。携帯でも操作できますし、振り込み手数料もかかりません。
プロミスアフターフォローは?相談窓口あり【会員専用ページが充実】
プロミスでは、借入申し込みの審査が終わって振込みが実行されると、その後のアフターフォローはありません。しかし、パソコンや携帯で使える会員専用ページが、コンシェルジュのような役目を果たします。
プロミスで連帯保証人や担保は必要?【プロミス経験者が語る】
消費金融やキャッシング会社では、保証人や担保を必要としないのが一般的です。しかし中には、未だに違法金利で貸付を行なっている金融会社もあるので、そうした会社から融資を受けるのは避けるべきでしょう。
プロミス借りても大丈夫?【実際に借りてみた私の感想】
昔からある「サラ金」のイメージ、過払い金返還の問題など、プロミスを始めとする消費者金融には、グレーなイメージが強かったです。でも、今のプロミスは、利用したら分かる「紳士的」なサービスを提供しています。
プロミス無人契約機って?使い方を解説!【私の潜入レポート】
プロミスは、主要な駅にはATMを構えているので、インターネットと併用して利用すれば、かなり便利です。ネットが使えないときはATM、時間がなく、夜中などに返済、借入をする時は、ネットでいつでも取引できます。